トップページ > ふるさと納税とは > ふるさと納税の概要

ふるさと納税の概要

 鳥取市では、「ふるさと納税」をしていただいた方に、松葉がに、二十世紀梨、鳥取和牛、砂丘らっきょうなどの名産品をお選びできます!
鳥取ふるさとプレゼントの例

例えば

鳥取市に「ふるさと納税」として1万円を寄附していただいただくと、5,000ptのふるさと納税ポイント(以下「ポイント」といいます。)を進呈しています。
このポイントは、地元企業等のご協賛をいただいているふるさとの香り豊かなプレゼント(鳥取ふるさとプレゼント)と交換できます。
夫婦がに

いくらすればいいの?

 ふるさと納税として、寄附をしていただく金額に上限はありません。

 しかし、税金が控除される金額には上限があります。

 上限となる金額は、収入状況、家族構成などにより様々です。

 なお、上限となる金額の目安は、次の表をご参考下さい。

ふるさと納税を
行う方本人の
給与収入
ふるさと納税を行う方の家族構成
独身/共働き
夫婦/
共働き+子1人(高校生)
夫婦+子1人(高校生)
300万円 32,000 25,000 17,000
350万円 40,000 32,000 24,000
400万円 48,000 40,000 32,000
450万円 60,000 48,000 40,000
500万円 69,000 61,000 48,000
550万円 78,000 69,000 61,000
600万円 86,000 78,000 70,000
650万円 109,000 87,000 79,000
700万円 120,000 110,000 88,000

※寄附の上限となる金額の例です。そのため、自己負担額 2,000円を含んでいますので、ご注意ください。

※住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けていない給与所得者の例です。年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている給与所得者の方の上限となる金額は、異なりますので、ご注意ください。

※「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が配偶者(特別)控除の適用を受けていない場合を指します。

※「夫婦」は、ふるさと納税を行う方本人の配偶者に収入がない場合(ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除の適用を受けている場合)を指します。

※「高校生」は、「16歳から18歳の扶養親族」を指します。

※中学生以下の子供(16歳未満の扶養親族)は、(控除額に影響がないため)計算に入れる必要はありません。


どうすればいいの?

 「ふるさと納税」をするには、したい自治体に、氏名、住所、寄附金額等を連絡し、その後、入金を行えば、完了です。

 また、税金を控除するには、「ふるさと納税」をした年の翌年に、した自治体から送付された寄附を受けたことを証する書面をつけて、確定申告を行う必要があります。

 鳥取市では、インターネット上で、「ふるさと納税」の寄附が完了できます!
 次の申込フォームからお申し込みください。

鳥取市への寄附申込フォーム

そもそも、ふるさと納税とは?

 「ふるさと納税」制度は、生まれ育った「ふるさと」を応援したい、「ふるさと」に貢献したい、といった納税者の思いを実現するため、納税者が「ふるさと」と思われる地方公共団体に「寄附」をされた場合、その一定限度まで所得税と合わせ個人住民税を軽減する寄附金税制のことです。

 寄附の先は、出身地に限らず、すべての自治体から自由に選ぶことができます。


ふるさと納税のしくみ


☆個人の方が、地方公共団体に寄附をされた場合、

☆寄附金額から2,000円を差し引いた金額を

☆個人の住民税の所得割の2割程度を限度に

☆所得税と個人の住民税を合わせて全額(所得の額により限度額があります。)を控除するものです。

ふるさと納税のしくみ


ふるさと納税による寄附金控除の概要と寄附の目安


☆ふるさと納税による寄附金控除の対象となる方は、個人の住民税(都道府県民税及び市区町村民税を指します。)の納税義務のある人が対象です。

寄附先は、すべての都道府県及び市区町村から自由に選ぶことができます。

☆寄附金額から2,000円を差し引いた額を所得税と個人の住民税から合わせて控除します。

個人の住民税寄附の翌年度の税額を控除(軽減)し、所得税は所得控除による還付を行います。

☆ただし、控除の対象となる寄附金額は、個人の住民税の所得割の2割程度(下図)が上限です。


※個人の住民税は、均等割(一定の税額の部分)と所得割(年収の額により変動する税額の部分)からなります。
詳しい内容は、毎年、6月にお送りされる住所地の市区町村又はお勤め先からの通知に記載されています。

☆控除の対象となる寄附は、年収に対し、その年の1月1日から12月31日までの間のものになります。

☆控除を受けるには、確定申告が必要です。(国税庁ホームページ)(【e‐Tax】ホームページ

☆具体的な控除額の目安については、総務省のホームページ(ふるさと納税など個人住民税の寄附金税制)を参照ください。


控除のイメージ

この場合、確定申告をすることにより

所得税は1万5円が還付され、個人の住民税は寄附の翌年度の税額から7万1,800円が控除(軽減)されることになります。

また、自己負担分は、1万8,195円(控除対象外分 2,000円+限度額超過分1万6,195円)になります。

※所得税の税率については、国税庁のホームページ(所得税の税率)を参照ください。


ふるさと納税による寄附金控除を受けるためには

 地方公共団体に寄附を行った個人の方で、寄附金控除を受ける方法は、次のとおりです。


1.寄附が行なわれた際、寄附先から「受領証明書」が送付されます。
※控除を受けるための申告に必要ですから、大切に保管しておいてください。

2.毎年1月1日~12月31日に行った寄附について翌年3月15日まで(確定申告時)に最寄り の税務署で所得税の申告を行ってください。
※このとき1で受け取った「受領証明書」等を申告書に添付します。

(注意)住民税の寄附金控除だけを受けようとする場合は、所得税の申告の代わりに住所地の市区町村に申告を行ってもかまいません。
この場合、所得税の控除は受けられませんのでご注意ください。

以上で、必要な手続きは完了です。

3.所得税は還付、個人住民税は寄附の翌年度の税額が控除になります。
※詳しくは、住所地の市区町村へお問い合わせください。

イメージ図

※ふるさと納税ワンストップ特例制度

平成27年4月以後の寄附について、確定申告に代わり、寄附を行う都道府県・市区町村に、住所地の市区町村への申告の代行を依頼すること(ふるさと納税ワンストップ特例制度)ができます。

詳しくは、「ふるさと納税ワンストップ特例制度について」のページを参照ください。


鳥取ふるさとプレゼントの進呈

 ふるさと納税により本市へ5千円以上の寄附をされた方へ、寄附金額にあわせて、地元企業等のご協賛をいただき、二十世紀梨、松葉ガニなど、ふるさとの香り豊かなプレゼントを協賛企業等から直接お送りいたします。


鳥取ふるさとプレゼントの詳しい内容は、次のページをご覧ください。


鳥取ふるさとプレゼント一覧


※鳥取ふるさとプレゼントは、一時所得に該当しますので、生命保険の一時金などの他の一時所得と合わせて合計金額が50万円を超える場合は、確定申告を行う必要があります。詳しくは、国税庁ホームページ(一時所得)をご確認ください。


 また、本市へ寄附をされた方のうち希望される方へ「鳥取市応援者証」をお送りします。特典として、「本市ふるさと納税協力施設」でこの応援者証を提示すれば、観覧料、入浴料等の割引が受けられます。


ふるさと納税の方法

 ふるさと納税により本市への寄附を希望される方は、次の申込フォームからお申し込みください。


鳥取市への寄附申込フォーム


※申込の流れ

①ふるさと納税をされる方の、お名前 ・ご住所・電話番号・寄附金額・お支払方法などの申込事項をご記入ください。


②申込事項の確認後、ご希望の鳥取ふるさとプレゼントをお選びください。
☆寄附金額により選べるものが変わります。


③ご希望の鳥取ふるさとプレゼントの確認後、鳥取ふるさとプレゼントの送付先を確認ください。


④以上で申し込みが完了です。お申込の受付メールをお送りします。

☆クレジットカードによる納付を希望される方は、③の後、Yahoo!公金支払いのページに移動します(支払番号及び確認番号は、自動で入力されます。)ので、引き続き、クレジットカードによる支払手続(クレジットカードに記載の番号をご入力いただく手続になります。)にお進みください。


ふるさと納税の受領証明書等について

 寄附金が入金されたことを確認した後、鳥取市から寄附をいただいた方へ受領証明書等を発行いたします。


 受領証明書の証明日は、入金日クレジットカードによる納付の場合は、入金手続が完了した日)になります。


 受領証明書は、毎月15日及び末日ごとの入金日で取りまとめ、その半月後に、お申込みいただいた関係書類の送付先へ郵送しております。

☆入金日が『1日から15日まで』の間の場合 ⇒ その月の末日頃

☆入金日が『16日から末日まで』の間の場合 ⇒ 翌月15日頃



 また、鳥取ふるさとプレゼントにつきましても、ご入金を確認後、3週間程度後にお届けの予定です。

※一部のプレゼントにつきましては生産の都合上、3週間を超える場合があります。また、二十世紀梨などの提供期間に限りがあるものについては、提供期間になりましてから、お送りいたします。


 法人の方へ(税の優遇措置)

 ふるさと納税は個人の方が対象ですが、法人の方が地方公共団体へ寄附をされた場合は、寄附金の全額を寄附した事業年度の損金にすることができます。
 ただし、進呈した鳥取ふるさとプレゼントに相当する金額を寄附金の額から差し引く必要があります。

ふるさと納税についてのお問い合わせ先(郵送先・送信先)

〒680-8571 鳥取市富安二丁目138番地4
鳥取市役所 市民税課ふるさと納税係


○電話

ふるさと納税専用フリーダイヤル

0120-567-210

または、0857-20-3429 まで


○ファクス 0120-645-200(フリーダイヤル)
または、0857-20-3401

○E-mail tottoricity-furusato@city.tottori.lg.jp



 
ログインして寄附を申し込む 寄付を申し込む(新規会員登録をする。)